医療法人社団修生会 がんのホームドクター ≪さくさべ坂通り診療所≫

がんの相談・自宅への訪問診療・訪問看護・緩和医療 24時間365日、がんの患者さんの在宅療養をお手伝いさせていただきます。

さくさべ坂通り診療所 がんのホームドクター
≪がんの相談・在宅療養・セカンドオピニオンのご相談の申込みを受け付けています≫平日9:00〜17:00 TEL 043−284−5172
サイトマップ お問い合わせ

 ホーム > ソンダースの家さくさべ

ソンダースの家
セミナーに代わって
 “ソンダースの家”という集まりを開いています。
日常の業務の中で感じている疑問とか困っている事について、自由に話をする会です。
ソンダースの考え方を思い起こしながら、緩和ケアについて語り合いましょう。
 “ソンダースの家”は定時開催としており、事前申込みは不要で参加は自由です。

次回は、11月24日(日)15:00〜18:00です。
期日等に変更がある場合はホームページにてお知らせします。
是非のぞいてみて下さい。
さくさべ坂通り診療所 大岩孝司

 ソンダースの家に関するお問い合わせはメールでお願いします

   
2019年9月29日(日)に14回目の<ソンダースの家さくさべ>を開催しました。
参加人数は21名でした。

 今回は、<がんになってもピンピンコロリ>の考え方の再確認と実際のケアのあり方について話しを少し深めました。
最終段階におけるがんの緩和リハビリテーションは、がんの進行に伴う“自立”した生活の崩壊から“自律”した生活へのアプローチです。それによって痛みやせん妄が予防できます。しかし、これらの関係性を伝えることの難しさを感じています。
 今回も、多職種、多彩なメンバーの参加がありました。緩和ケア病棟と在宅緩和ケアの対比を念頭においた議論、患者視点での仕事に自身で責任をとる覚悟をもったプライベートナースの報告、精神病院の元看護部長からの精神疾患のあるがん患者の療養の話,製薬会社学術研究員の慢性痛の話など盛りだくさんの現場視点での活発な議論が出来ました。

次回第15回ソンダースの家さくさべは、2019年11月24日(日)午後3時からです。
本物の緩和ケアを求めて、楽しく議論をしていきましょう。
<ソンダースの家さくさべ>でお待ち致します。

                  2019年10月 さくさべ坂通り診療所 大岩孝司

* 重要なお知らせです。
来年より開催日を土曜に変更します。
第16回目のソンダースの家さくさべは、
2020年1月25日(土)午後5時〜午後8時です。


令和元年7月28日(日)に13回目の<ソンダースの家さくさべ>を開催しました。参加人数は31名でした。

 前回は18世紀のアイルランドの内科医の話を紹介し、がんの最終段階の療養の厳しさとケアの必要な視点を議論しました。

今回は、本年6月に当院での研修を終えた若き緩和ケア医2名の報告でした。
一人は、これまで行っていた緩和ケアと当院での緩和ケアを対比した整理をしてくれました。病院研修ではあまり考えていなかった<嚥下機能の低下>と、対応に苦労していた<苦悶様表情><身の置き所のなさ><せん妄><痛み>について、その病態と苦しみを和らげる対策を整理してくれました。特にがんの最終段階に起こる身体機能の低下へのケア不足が症状の辛さを強くしていると実感されたようでした。

 二人目の報告は、実際に訪問診療に同行した患者一人一人とのプロセスレコードをもとに状況を分析し整理してくれました。結果、患者の思いに丁寧に対応することで穏やかな療養が可能になること、そして「現状の理解があれば人は自律性を維持して過ごせる」と喝破してくれました。

本来の職場に戻り、今までと異なる視点で患者の状況が見えてきたようです。
1ヶ月の研修の結果、二人の若き研修医が患者の話/“S”の重要性を新たに認識してくれたことは、われわれにとっても大きな成果でした。


 患者の話/“S”を重視するのは当たり前のことです。多くの緩和ケアのスタッフはそのことを知っていますし、そうした方向でケアを提供していると自負しているでしょう。しかし、患者の話/“S”に基づいたケアを提供することは簡単なことではありません。
 在宅緩和ケアであれ、緩和ケア病棟であれ、がんの最終段階の緩和ケアは身体機能の低下にどう関わるかが最大の問題です。にもかかわらず現実は、身体機能の低下に伴って起こる自立した生活の破綻は“しかたのないこと”あるいは“介護で対応”としています。
 
今回、<がんになってもピンピンコロリ>について話しました。“がんの最終段階になっても、人の手を借りることがあっても元気な時と同じようにその人であり続け、亡くなる当日までトイレに行き、水のおいしさを実感でき、気がついたら呼吸をしていなかったという状態です”ということで、ここに緩和ケアがどのように関わるのかです。
次回のソンダースの家では「がんになってもぴんぴんころり」を実現するために、がんの最終段階の緩和リハビリテーションについて話をすすめます。

<ソンダース語録>
“恐怖、不確実性、緊張、そして生命に対する脅威の意識的または無意識の知識は、痛みに対する個々の反応を高める。その持続そのものが、感覚の強さを低下することはなく、耐える力を大きく低下させます。”
がんの最終段階に痛みなど苦痛症状が強くなる病態を見事に表現しています。
 
今回も、医師・看護師・理学療法士・MSW・介護職・指圧師など多彩なメンバーの参加がありました。
 次回は、令和元年9月29日(日)、午後3時からです。緩和ケアのさらなる向上のためにも、多くの方といっしょに考える機会となることを願っています。
<ソンダースの家さくさべ>でお待ち致します。

                  2019年8月 さくさべ坂通り診療所 大岩孝司

 令和元年5月26日(日)に12回目の<ソンダースの家さくさべ>を開催しました。参加人数は24名でした。
 前回は全ての全国紙(2018年12月末)に掲載された国立がんセンターの調査から、“4割の人ががんの症状緩和ができていない” “最後の1週間では27%の人にひどい痛みがあった”という記事を取り上げ、その原因および対策の検証を行いました。
 今回は戦場カメラマン岡村昭彦より紹介されている18世紀のアイルランドの内科医の話を取り上げました。敬虔なクリスチャンであり死に逝く患者の診療をしていたのですが、自身の死が迫ってきたときに精神の錯乱を来したのです。医師として僧侶として終末期医療に仏教精神を取り入れることを提唱し続けた田中雅博医師と同じような状況の最後でした。NHKTVのドキュメンター番組は見ましたか?壮絶な最期に衝撃「ありのままの最後 末期がんの“看取り医師”死までの450日」という番組です。死に臨んで精神の錯乱を来すこととは一番距離が遠いと思われる人ですから、死は衝撃的な出来事であると同時に直面することの重みを強く考えさせられました。
 死を強く意識するのは悪液質による全身状態が顕著になったときです。食べられないことや立ち上がれなくなることを自然の経過として軽んじていては患者の受ける衝撃や死の恐怖に気づくことさえできません。
 がんの最終段階に起こる身体機能の低下の中で、十分なケアが行われていないことのひとつに嚥下機能の低下があります。「嚥下機能の低下をどのように知りますか?」と問題提起をして話し合いをしてもらいましたが、まだ問題意識がないようでした。嚥下できないと誤嚥から死前喘鳴になります。嚥下がうまくできれば楽な呼吸ができます。嚥下機能の低下に対するケアについては次回も引き続き発信していきたいと思います。
 前回から始めたのですがソンダース語録はソンダースが記述した中からひとつずつ紹介をすることとしました。
今回は、
“私たちが関わっているのは、疾患の症候群ではなく、痛み・苦痛の症候群なのです”
という一文です。
緩和ケアは、痛み・苦痛をがんの症状のひとつとして捉えるのではなく、痛み・苦痛に関わる症状、“気がかり”に関わるのだという捉え方をするのだといっています。
現実的には、がんの痛みを“慢性痛”という捉え方をする必要があると考えていますので、慢性痛の勉強をしていきましょうと提案しました。

 今回も、医師・看護師・理学療法士・MSW・介護職・指圧師など多彩なメンバーの参加がありました。
 次回は、令和元年7月28日(日)、午後3時からです。緩和ケアのさらなる向上のためにも、多くの方といっしょに考える機会となることを願っています。
<ソンダースの家さくさべ>でお待ち致します。

                  2019年5月 さくさべ坂通り診療所 大岩孝司

 
平成31年1月27日(日)に10回目のソンダースの家さくさべを開催しました。
 参加人数は26名でした。
「踊り場理論」をテーマに活発な議論がなされました。
「踊り場理論」については前回、がんの最終段階の悪液質による機能低下に対するケアの重要さについて問題提起をしました。
 今回はこのテーマに沿った事例をもとに、がんの療養の最終段階に起こってくる急激な身体機能の低下について議論しました。
 私たちが提唱している「踊り場理論」は、概念の共有にはまだ時間がかかりそうですが、せん妄とも密接に関わるなど重要なテーマですのでこれからも議論を継続していくつもりでいます。
 家族の方をはじめ医師・看護師・理学療法士・MSW・介護職など多彩なメンバーの参加がありました。
 緩和ケアに関わる多職種の人達と、その考え方・実践のあり方の再構築・共有が一歩でも進むように皆で努力をしていきます。
 次回は、平成31年3月31日(日)、午後3時です。
 平成最後の“ソンダースの家さくさべ”になりますので、一人でも多くの方の参加を願っています。

                              2019.1.27 大岩

 平成30年11月25日(日)に9回目のソンダースの家を開催しました。
 参加人数は26名でした。今回ははじめの一時間を使って3人が短時間の問題提起をし、
それを受けていつものようにテーブルに分かれて活発な議論がなされました。
  ・家族からの報告
     最後まで自身のあり様を貫くことの大切さ
     樹木希林にも学ぶ
  ・中枢気道狭窄に対して行った鎮静( A 病院医師の報告)
     最も厳しい病状の一つ
     持続的深い鎮静ではない方法についての議論
  ・さくさべ坂通り診療所での一ヶ月の研修報告( B 病院研修医)
     Total pain の大切さ
     病院での語りの医療(narrative based medicine)の難しさ
  ・がんの最終段階の問題(大岩)
     悪液質による機能低下に対するケアの重要さ
     →踊り場理論の提唱
     千葉県の“介護職のための緩和ケアマニュアル”の活用
 今回も家族の方をはじめ医師・看護師・理学療法士・介護職など多彩なメンバーの参加がありました。
 特に踊り場理論の提唱は、がんの最終段階におけるケアにおける理学療法士・介護職の重要さを認識し、チームケアが機能するための考え方の共有について理解が深まったように思います。ますます多職種の人達との交流が重要になります。
 今回はサプライズで、9月に上梓した拙著“緩和医療”の素晴らしいケーキが届きました。
とんでもなく嬉しいプレゼントでした。元気が出ますね。
 次回は、平成31年1月27日(日)です。
一人でも多くの方が参加して下さることを願っています。
                              2018.11.26 大岩

 9月30日(日)の9回目のソンダースの家は台風のために中止をしました。 残念だったのですが、交通事情が厳しいと判断したためです。
 次回、11月25日(日)の10回目のソンダースの家さくさべは行いますので是非参加をして下さい。 いつのものようにレクチャー方式ではなく、フリートーキングと考えています。ただ、話題は多く、現場の悩み・家族の生の声を中心に話ができるように工夫します。喉を潤しながら、真剣かつ気楽に議論をいたしましょう。

 7月29日(日)、8回目のソンダースの家を開催しました。
 23人の参加で、楽しくかつ厳しい議論が行われました。
 いつものように明確なテーマはもうけませんでしたが、大岩から問題提起を行って、議論されました。それぞれのテーブル毎に関心のある話が行われる中で、問題提起@実際の在宅緩和ケアの訪問の逐語録をカルテから転記して読んでもらうことと、問題提起Aでは緩和ケアの基盤のキーワードはトータルペインが忘れられているのではないか、の2点の話題を織り交ぜて議論が盛り上がっていました。
 今回はご家族(ご遺族)の方2名も参加して下さり、少し冒険かと思いましたが、医療スタッフの中に入りご自身の体験、思いを熱く語ってくれ、大成功でした。
緩和ケアは患者中心、患者目線と言うことが基本ですので、緩和ケアをさらに深化するために一般市民・県民の方にも入ってもらいながら一体となって話をしていくことができればと考えています。
 今回は、バリスタの大村さんが特別参加して下さり素晴らしく美味しいコーヒーを入れてくれました。(ワンコイン) もちろん、いつものように九十九里の海の幸をはじめとした料理に加えて、飲みかつ楽しく語り合いました。
 それぞれの参加者が、受け身の勉強ではなく、関心のあること、疑問に思っていることを積極的に話、解決する会になりつつあるようです。
 次回はソンダースの家さくさべらしく、ソンダース語録を一つあるいは二つと紹介をしながら、話の種を提供できるように頑張ります。
 医療・介護の関係者は大歓迎です。
 是非次回参加して下さい。お待ちしています。

 3月25日(日)、6回目のソンダースの家を開催しました。
20人の参加で、美味しく食べ、飲みながら楽しい議論が沸騰しました。
今回はさくさべ坂通り診療所の患者さんの紹介を行い、議論のたたき台にしてもらいました。
全員が痛み、呼吸困難をはじめ症状緩和ができていて、せん妄で困ることもなく穏やかな療養でした。それにはケアのあり方に理由があります。
考えかたとしては共有されているのですが、どう実践するかの話がすこしできたのではないかとおもいます。
参加者の一人の木村Ns(ラミーナ訪問看護ステーション所長)からは、最近関わっている人が、以前に比べて大変ではなくなったという話がありました。以前と何が違うのかというと、話が“聞こえる”ようになったということでした。
“聞こえる”は,まさに名言です。
医療・介護の関係者は大歓迎です。
是非次回参加して下さい。お待ちしています。

1月28日(日)、5回目の<ソンダースの家さくさべ>を開催しました。

 20人が参加し、テーブルに分かれて飲食をしながら自由な議論が行われました。STASの活用およびその体験談、千葉県の緩和ケアマニュアル、ソンダースのトータルペインの考え方などが話題に上りました。
 特にテーマを決めなかったり、レクチャー方式をとらないのは、参加者全員が話に参加できるようにということを目指しているからです。その意味では、現場で抱えている問題について自由な議論ができ、実りの多い会になったと思います。
これからも自由な議論を交わしながら,緩和ケアの本質迫って行ければと考えています。

次回のソンダースの家は、3月の最終日曜日である3月25日(日)午後3時からです。是非参加をして下さい。
                              2018.01.29 大岩

11月26日、第4回目のソンダースの家が行われました。

テーマを決めてのレクチャーなどは行わず、参加者の日頃のケアで感じたこと、悩んでいることについての話が進みました。

がん終末期の痛みの問題、せん妄の問題について訪問看護の現場での困難事例についてディスカッションし、コミュニケーションのあり方について実践的かつ本質的な掘り下げができました。

千葉県で作成した介護マニュアルの本当の意義、トータルペインの本質的な理解と実践的な活用など話題は尽きず、実り多い集まりでした。

また、さくさべ坂通り診療所で診療し自宅で看取った10人の患者さんの報告をしました。10人のうち医療用麻薬を使ったのは3人でした。7人のうち2人は鎮痛剤(ロブ錠)を使っていましたが、残りの5人は薬の使用は全くありませんでした。

次回のソンダースの家は、1月の最終日曜日である1月28日午後3時からです。是非参加をして下さい。
                            2017.11 大岩
   

このページのトップへ

診療のご案内 | 訪問診療・訪問看護について | 不安について | 訪問開始の手順 |