医療法人社団修生会 がんのホームドクター ≪さくさべ坂通り診療所≫

がんの相談・自宅への訪問診療・訪問看護・緩和医療 24時間365日、がんの患者さんへ往診を含む在宅療養のお手伝いさせていただきます。

さくさべ坂通り診療所 がんのホームドクター
≪がんの相談・在宅療養・セカンドオピニオンのご相談の申込みを受け付けています≫平日9:00〜17:00TEL 043−284−5172
サイトマップ お問い合わせ

 ホーム > 診療のご案内 > 訪問診療・訪問看護について

ご相談は予約制です

がんの相談・在宅療養・セカンドオピニオンのご相談の申込みを受け付けています。

祝休日以外の月曜〜金曜日 9:00〜17:00
TEL 043−284−5172

1.治療の相談

@がんと診断された時からの治療の相談

 がんと診断された時に主治医から検査結果や治療についての説明がありますが、その時には十分に考えられないことは、よくあります。
病状をよく理解して治療を受けることが、その後の経過にも大きく影響しますので、もし悩みや疑問がある場合には相談させていただきます。

Aがん治療を継続に悩んでいる方の相談

 主治医から提案された治療を受けるかどうか迷った時や希望される治療についての相談をさせていただきます。

在宅療養の相談

@在宅療養を選択を考えている方の相談

『入院はしたくないけど、まだ動けるから訪問は・・・』と、ほとんどの患者さんもご家族も考えているようです。
新しい家を建てるのは、今住んでいる家が住めなくなってからでしょうか?電気もガスも止まり、屋根が落ちてしまってから住む家を探すのでは、それまでの生活はどうなるでしょうか。
見つかるまでホテルか知人の家に身を寄せるしかありません。
がんの患者さんは病気が進行すると、徐々に痩せて体力が低下してきます。
身体が動けなくなった時には考えるのも億劫になり、一日ごとに病状は急速に変化します。この時になって、これから家でどうするかと、相談の時間はありません。ご家族も『初めてなので・・・』と、何も分からないし、何もできません。入院するしかなくなってしまいます。患者さんもご家族も初めての事なのです。
ですから、小さな心配事をその都度、医療者と相談して解決していかなければ、身体が動けなくなった時に患者さんはどうすることも出来ず、ご家族は不安で看ていられず、家での生活を続けることが困難になってしまうのです。

A自宅での生活を継続するための相談

 主治医からの訪問医を捜すように言われた方や通院が困難になって入院はしたくない方は、できるだけ早く連絡をお願いします

B退院準備の相談

 入院中で、退院後は訪問診療が必要な方の相談をしています。
主治医から、『病院で、できることはありませんので・・・』と言われて退院される患者さん、ご家族は、とって悲しく辛い思いをされます。
しかし、『病院で、できることはありませんので・・・』は病院でなければできない治療の話と理解しましょう。病院ではできなくても、自宅だからこそできることが沢山あります。
自宅での過ごし方を一緒に考えてしていきましょう。
また、自宅では無理なので他の病院への転院を勧められている方も、患者さんとご家族が自宅への退院を希望されているのであれば、相談が可能です。

このページのトップへ

ホームへ | 診療のご案内 | 在宅療養に不安を感じる方へ | 訪問の手順 |


〒260-0042 千葉県千葉市中央区椿森6-8-11
Copyright Sakusabesaka Street Clinic. All rights reserved.